プラントエンジニア

計装エンジニアの転職体験記:絶対おさえておきたい転職のステップ

投稿日:

転職を考えている男性会社員のイラスト

計装エンジニアの転職体験記:絶対おさえておきたい転職のステップ

昨今、転職という言葉をよくききますよね。

このページを開いているあなたも転職というものに興味があるのではないでしょうか。

 

私もある日からずっと転職を考えています(かれこれ3年以上笑)。

 

新卒のときは、入社がゴール、となんとなく考えていました。

が、そうではない!むしろ、入社がスタートなのだと日々痛感しています。

 

そこで、この記事では私の実体験をお話しようとおもいます。

今後たくさん書いていきますが、この記事では、私が実際にたどってきた転職への道を紹介します。

 

前の記事はこちら>>計装エンジニアの転職体験記:転職を考えた3つのきっかけ

 

作者の紹介

こんにちは!myuhiroといいます。私は、2010年付近に国立大理系の工学部に入学、以後大学院までの6年間工学、特に機械工学を学んできました。その後、プラントエンジニアリング会社に入社し、ずっと計装設計に従事しています。このブログでは、計装エンジニアにまつわる様々な話をしていきます。

本文

刀鍛冶のイラスト(相槌)

業務に打ち込む

 

あれ、転職するんじゃないの?

 

と思ったかたもいるかと思います。

 

しかし、私が転職に悩みだし最初に行ったことは、本業にそれまで以上に熱心に打ち込むことでした。

 

理由は、本当に自分がこの仕事に向いているかどうか試したかったから、です。

 

なんでも本気でやってみないと、どれくらい好きか嫌いかわかりませんよね。

 

それと同じで、仕事に必死に打ち込みました。およそ2年です。ここ注意ですが、転職では年齢に注意してください。当然若いほど有利です。よく35歳が分かれ目といわれますね。

 

結論として、計装という仕事は好きだが、大きなプラント建設プロジェクトでは自分に向いていないことがわかってきました。

 

理由は、ひとつのプロジェクトの期間が長すぎて、得られるスキルが偏りがちになると考えたからです。

 

計装エンジニアといえば、制御システムのイメージがあり、その経験がほとんどつめなかった、計測機器と工事設計が中心の業務であったためです。

 

この経験から、転職する場合の方向性が見えてきます。

 

なお、自分の場合は年収、人間関係や就業時間にはそこまで問題がなかったので、気になるのは業務内容と就業地域の2つでした。

 

業務経歴の棚卸とキャリアプラン

大変そうな棚卸しのイラスト(男性)

次に、業務経歴の棚卸、つまり、これまで何してきたかを書き出しました。

 

これは転職を考えていない人にもおすすめです。

 

自分が何をしてきて、どのようなスキルを身に着けたのか。また、これから身に着けたいかを考えます。

 

自分の場合は、主に計測機器と工事設計が8割くらい、残りがシステム設計というポートフォリオです。

 

今後はシステム関連の知識やスキルを増やしたい。特に設計ではなく、実際にモノに触れながらやっていきたいと思っています。また、昨今話題のDXにもかかわっていきたいと考えています。

 

これらが社内で実現できるかどうか考えます。できないなら転職を考えます。

 

転職軸

■

ここまでで、転職の要否が何となくわかると思います。業界や職種が絞り込まれてきました。

 

もし、転職が必要ならば、次に転職軸を作ります。

 

この部分は詳しくは別記事で書きますが、「転職の思考法」という本を使って説明します。

 

「なぜ転職したいのか」「どの業界に進むべきか」「どのようにキャリア形成するか」「会社選択は間違っていないか」などを考えます。

 

企業へアプライ(転職エージェント登録)

 

ここまできたらもう転職準備OKです。

 

気になる企業に直接エントリーしてもいいですし、転職エージェントを介してエントリーしてもいいです。新卒時の感覚を思い出してもらうといいです。

 

ただし、新卒の時と違い、ESを書く必要はありません。業務経歴と履歴書だけでOK。そういう意味では楽ですね。

 

あとは面接だけです。筆記試験がある場合もあります。

 

後記

 

本記事は体験記ですが、実際はこんなにきれいに進みませんでした。

試行錯誤や逃避を繰り返しながら、現状こんな考えというところです。

それで実際に今転職するところです。

-プラントエンジニア

Copyright© プラント・計装エンジニアのためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.