プラントエンジニア

ガスクロマトグラフについて

投稿日:

酸素, Icu, 医療, ガス, シリンダ, 息, 生活, ケア, 手術, 患者, 病院, クリニック今日は仕事のことについて書いてみます。

  1. 本記事は、ガスクロマトグラフについて書きます
  2. これは個人的なアウトプットですので、参考程度に見てください。この記事により何らの保証や責任を負うものではありません

ガスクロマトグラフ

ガスクロマトグラフは分析計の一種で、がすの成分を分析するのに使用される。名前からわかるように、分析時にはサンプルをガス化する。試料は液体でも構わない。

キャリアガス(例えばN2)と一緒に試料ガスを運ぶ。サンプリング装置にて、分析計の適切な温度圧力とし、またできるだけ水分を落とす。その後ガスクロマトグラフの中にもさらに何種類か分析方法がある。TCDやFIDだ。いずれにせよコンディショニングされた試料が充填物が入ったカラムという細いチューブ内に導入する。その充填物により、ガスが分類されていく。

こちらとかこちらがよいかと。

本日はここまで。

-プラントエンジニア

Copyright© プラント・計装エンジニアのためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.