プラントエンジニア

磁気式分析計

投稿日:

財布, コイン, 磁石, ショップ今日は仕事のことについて書いてみます。

  1. 本記事は、磁気式酸素分析計について書きます
  2. これは個人的なアウトプットですので、参考程度に見てください。この記事により何らの保証や責任を負うものではありません

磁気式酸素分析計の種類

酸素は常磁性であり、磁石に引き寄せられる。これにより、混合ガス中にある酸素に対しても、その濃度を測定できる。ジルコニア式酸素濃度計では測定できない可燃性ガスや腐食性ガスを含む混合ガス中の酸素濃度を低レンジで精度よく測定できる点がメリットだ。一方で、測定ガスの性状やアプリケーションに対応したサンプリング装置が必要なため、他の方式に比べ高価になる。

永久磁石が作る不均一磁場に対して、この磁場が最も強い場所に電流で加熱されている熱線を張る。酸素が存在すると、その含有量に比例して磁気風が生じる。これにより熱線が冷却され、抵抗が値が変化する。これがブリッジ回路の一部をなすため、酸素含有量と電圧の関係から酸素濃度をしることができる。

本日はここまで。

-プラントエンジニア

Copyright© プラント・計装エンジニアのためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.