プラントエンジニア

赤外線分析計について

投稿日:

青空と太陽 雲|sor0018-009今日は仕事のことについて書いてみます。

  1. 本記事は、赤外線分析計について書きます
  2. これは個人的なアウトプットですので、参考程度に見てください。この記事により何らの保証や責任を負うものではありません

赤外線分析計の種類

非分散型赤外線方式というのが良くある方式。分子の赤外線吸収する特性を利用した分析方式。試料ガスと比較ガスそれぞれに赤外線をあて、試料ガスの赤外線の強度の減衰具合を測定。一方比較分はN2が充填されており、こちらは赤外線を吸収しない。この赤外線の強度差を信号として取り出す。

本日はここまで。

-プラントエンジニア

Copyright© プラント・計装エンジニアのためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.