プラントエンジニア

静機器について

投稿日:

工場, 貯蔵タンク, 化学, パイプ今日は仕事のことについて書いてみます。

  1. 本記事は、塔・タンク・ベッセルの違いについて書きます
  2. これは個人的なアウトプットですので、参考程度に見てください。この記事により何らの保証や責任を負うものではありません

静機器とは?

動機器以外のすべての機器のこと。動機器は電動機(モータ)、タービン、原動機、ポンプ、送風機や撹拌機等のこと。うちの会社では回転機やマテハンチームという部署がある。 一方静機器とは、読んで字のごとく動かない機器。塔・ベッセルや熱交換器となる。配管等も動かないがこれは別枠として理解している。

静機器の種類

塔・タンク・ベッセルの違いについて説明する。 塔はイメージしやすいだろう。円筒縦型の容器で、直径に比べ胴が長く背丈が高いもの。蒸留塔などがある。 タンクは貯蔵をするもの。平底のものや、球形のものがある。平底なら、水とかをためるタンク。球形ならLNG貯蔵タンクなど。 ベッセルは、縦もしくは横長で、鏡板で閉じてある、端部が丸まっているもの。でも、これも高圧タンクと言ったりするから、結局はよくわからない。 本日はここまで。

-プラントエンジニア

Copyright© プラント・計装エンジニアのためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.