プラントエンジニア

無電圧(Dry)と有電圧(Wet)接点について

更新日:

秋, ドライ, 秋には, 葉, ミラー, 風, グロー, 気分, ウェット, バックライト, 光, ネイチャー今日は仕事のことについて書いてみます。

  1. 本記事は、無電圧・有電圧接点について書きます
  2. これは個人的なアウトプットですので、参考程度に見てください。この記事により何らの保証や責任を負うものではありません

無電圧・有電圧接点とは?

無電圧接点(Dry Contact)有電圧接点(Wet Contact)について書きます。接点がONの時に電圧がかかっているか否か。かかっていなければDry、かかっていればWetとなる。スイッチやリレーはDryとなる。

解説

信号伝達のみが目的の場合、入力側回路では信号によりリレーが作動し接点が導通する(左図)。無電圧接点では信号を伝達する相手側の入力回路を導通させる。

一方、有電圧接点では相手側の入力回路を導通させたうえで、入力回路に電圧を与える(中央図)。電磁弁などの回路で、DCS側の24VDCが入力側に伝わる。

高圧と低圧(例えばMCCとDCS)をやり取りする場合は、右図のような回路を想定する(例えばインターポージングリレー)。DCSからMCCにDO出力する場合など。右図は、DCS側の24VDCが入力側に伝わらないことがポイント。これがもし、100VACと24VDCでのやりとりとなれば、MCCがDCSへDOを有電圧(100VAC)で出力する場合、DCSの盤側に100VACが載ることとなる。メンテナンス時に危険なため、お互いDry接点でDIを受け取ることが良いと思われる。

本日はここまで。

-プラントエンジニア

Copyright© プラント・計装エンジニアのためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.