勉強

英語の勉強方法【将来仕事に生かすには~大学生~】

更新日:

■記事の概要

  1. これから4この記事で、英語の勉強方法と英語を将来仕事に生かすための、アイデアを記します。今回は大学生編。
  2. これを読んでも英語はできるようになりません。しかし、英語を学ぼうとする意志は芽生えるかもしれません。
  3. 私は理系大学院を修了していますが、理系には珍しく英語は得意でした。ちなみにTOEICの点数は820点です。
  4. 英語嫌いな人は、参考にしてみてください。

 

■振り返り

これまでの振り返りを年表形式で

198x 生誕

幼稚園 公文式、個人塾へ

小学校(公立) 4年生からお受験塾へ -> 経済的理由から6年生でやめる

中学校(公立) 某有名進学塾へ

高校(公立) 進学校、駿台予備校へ

1年浪人

大学(国立) 茨城県、工学群

大学院(国立) 茨城県 工学群

 

■英語の勉強方法-大学生-

大学生では、TOEFLの勉強および短期留学に行きました。Writingにおいては前者の、Speaking/Listeningにおいては後者が非常に役に立ったと思っています。

大学生の英語は、大学受験の延長ですが、日本で暮らしている限りそれ以上のものは求められません。なので、がんばらなくてもそれはそれで問題ありません。しかし、英語を使った職に就きたのであれば、少なくとも、日常英会話くらいはできておく必要があります。 そのためには、まず、英単語・熟語のレベルを何段階か上げる必要があります。私は、TOEFLの参考書でそれを勉強していました。後で、リンクを載せますが、基本的にDUOと変わらない構成です。ただし、単語のレベルが上がっています。論文にも出てくるレベルの単語が網羅されています。これで、自分の専門分野だけでなく、ほか分野もカバーできます。TOEFLでは、いろいろな分野の文章題が出るので、カバーできるというわけです。あとは、Writingの練習ですが、ひたすら、英作文を短い時間でできるよう練習していました。これもTOEFLの問題対策です。ある問題文をListeningし、それに対して、自分の意見を論理だてて英文で記載するという問題です。英単語・熟語の知識はもとより、ロジカルシンキングも必要です。これを毎日やっていました。問題は、だれかそれを添削してくれる人がおらず、フィードバックがなかったこと。もし、TOEFL仲間がいればお互いにできるといいですね。

そして、Speaking/Listeningですが、これは諸説あると思いますが、英語を話さなければいけない環境に自分を置くのが一番早道と思います。とはいっても、自分はニュージーランドに1か月だけホームステイしただけです。これだけでも、結構レベルアップできたと思っています。おそらく1年もいれば、Nativeレベルにはなれるでしょう。もし、留学の金がない、ということであれば、大学であれば、交流サークルなどもあると思いますから、それを探してみるべきですね。

これらが日々のインプット。これの成果として、TOEFLの点数100点をめざすといいかもしれませんね。これくらいできれば、海外留学にも行けるレベルで、履歴書にむ十分かけるでしょう。私の場合は、結局点数がとれず、まずまずの点が取れたTOEICの点数を履歴書に使いました。

■英語を仕事で使う

今私は、プラントエンジニアリングという仕事についています。仕事で英語を使っていて思うことは、ある程度慣れでしゃべれるものだ、ということです。なので、後先考えず、とりあえず英語を使う機会を日常的に増やしてください。そうすると自然に英語がでるようになります。私は、6か月の中東滞在で、割と英語になれることができたと思っています。ライティングができるようになると、相乗効果で、Speakingもできるようになってきます。当然ですよね、瞬間で頭に浮かんだ英作文を話せばいいのですから。要はすべてつながっていて、それぞれの力を伸ばすことで、総合力が増えていきます。

以上です。 参考書のせときます。

英単語

https://amzn.to/3fNa0Ih

ライティング

https://amzn.to/3enVy9b

-勉強

Copyright© プラント・計装エンジニアのためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.