プラントエンジニア

在宅勤務について

更新日:

今日は仕事のことについて書いてみます。

  1. 本記事は、仕事を効率的に進めるためのアイデアについて書いています
  2. これは個人的なアウトプットです
  3. これにより、仕事をうまく進めるヒントをつかめるかと
  4. 最近、コロナによる在宅勤務が解除され始め、以前のように出勤が増えてきたが、メリット・デメリットをまとめておきたい
 

出勤が再びはじまり、なんとなく、仕事が在宅勤務のときよりうまく進まないことに気づいた。理由を考えてみると、一言、気が散っていて集中できていないためだと気づいた。

 

在宅勤務による

メリット

  • 出勤時間がないため、体力温存
  • 人と話す(会議をする)時間が限定されるため、自分の作業に避ける時間が多くなる
  • 人が周りにいることや、話すことによるストレスがなくなる
  • 会議を効率的に進められるよう、すごく準備する

デメリット

  • ずっと家にいるため、オンオフ切り替えが難しい
  • 人と話すことが少なくなり、人によっては、気分転換できない
  • 相談する人がいないので、仕事がすすまないことがある

 

この、ストレスの部分が非常に仕事の効率に関与することが分かった。

 

なぜなら、在宅なら2日仕事であったものが場合によっては2倍くらいかかっているからだ。なぜなら、いろんな人が時間を気にせず、話しかけてくるから。

その中には、雑談に近いものもあり、はっきりいって無駄と思われるものもある。中には、会議なのに内容をまとめてこずに、その場で何とかしようとしてくる。

 

これらから、やっぱり、対人によるストレスや無駄というのが浮き彫りになった。提案は、一人になる時間を設ける、もしくはそのようなスペースを作り、定期的に集中できる時間を確保することだろう。

 

以上がまとめ。

-プラントエンジニア

Copyright© プラント・計装エンジニアのためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.