プラントエンジニア

ねじ接続

更新日:

機械工学, ギア, ミニチュアフィギュア, 鍵屋, 職人, Thw, ねじ, 金属, スレッド, 伝送, 技術

小生、エンジニアをしていまして、日々学んだことをアウトプットしていこうと思います。

本日はねじ接続について。

  1. ねじ接続の種類
  2. ねじ接続のメリット、デメリット
  3. ねじ接続のよくある使われ方

について、記載してみます。

 

1)ねじ接続の種類

日本では、メートルねじインチねじそして管用ねじの3種類の規格をおぼえておけばOK。記載はそれぞれ、Mxx、UNCxxそしてGxx(平行ねじ)またはR/Rc(テーパねじ)です。

その他、各国のねじ規格(イギリスのウィットウォースねじとか)があります。こちらが詳しいのでリンク貼っときます。

2)メリット・デメリット

特にメリット・デメリットはありませんが、当然異なる規格では接続できません。そこで、指定は間違いのないようにすること。管用ねじであれば「この箇所には平行もしくはテーパ」というのが、慣習として決まっていますので、それをおさえてください。エンジニアとしては、それに接続する配管なり、ケーブルグランドのねじ規格を間違えないようにしてくださいね。

3)よくある使われ方

よくあるのは導圧管はR/Rc、電線管口はGを使うのが多い気がします。アメリカとかだと、NPT(テーパ)とNPS(平行)かな。

また、R/Rcにはシールテープを巻いてねじ込むことが普通。理由はテーパなので、シールテープがあろうとなかろうと、基本的にどこかでねじ止まる。線で漏れを防ぐイメージです。ただし、漏れないということはないので、テープを巻いとく、ということかな。一方、平行ねじはその名の通り、平行なので、ねじ止まることがない。そこで、ガスケット(レンズパッキン)を端部に詰めて、面で漏れを防ぐイメージです。

 

本日はここまで。

-プラントエンジニア

Copyright© プラント・計装エンジニアのためのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.